ohno.piano.mail@gmail.com
O'sピアノ教室のご案内

指導方針

生徒や保護者の皆様との信頼関係を大切にしています

まずは人として、そして教師として信頼して欲しい。生徒には、正直に誠実な気持ちで接するように心がけています。そうすることで生徒も私を信頼してくれると思うからです。信頼関係を築くことで、時に厳しく接したり、コンクールなどでうまくいかないことがあっても、関係が崩れることはないと思っています。 レッスン時のコミュニケーションはもちろん、教室のメルマガ発行や、メール等での保護者の皆様とのやりとりも大事にしています。

item-4

できなくても根気よく、メリハリのあるレッスンを

「自分でできる」と思えることはとても大切。そこで読譜をしっかりできるように、時間をかけ楽しい教具も使い工夫して指導しています。導入期の教材は、バスティンメソッドが主ですが、その他の教材も臨機応変に使用します。いずれのメソッドも、指導認定証を取得しています。終了後は、四期に渡り片寄らない教材を使用するよう心掛けています。
子どもの能力は計り知れません。音楽的に大切なことは(例、美しい音の出し方、脱力、腕や手首の使い方、メロディと伴奏のバランスを聴くこと、Ⅴ7→Ⅰの感覚など。) 何度でも根気よく繰り返し、出来たらうんと褒める。指導はこの繰り返しです。また、発表会はもちろん、コンクールやPTNAピアノステップで、日頃の成果を力試しするなど、メリハリのあるレッスンライフを送れるように心掛けています。
lesson01

音楽的に自立してもらいたい。それが目標です

音楽を演奏するうえで必要な基本的なテクニック、知識、常識的なアナリーゼ能力をできるだけそれぞれの引き出しに沢山入れてあげたい。生徒自身にも、自発的にため込んでほしい。必要に応じてそれを取り出し、悩みながらも応用していってくれればと願っています。

image

レッスンについて

レッスン回数

年間36回。必要に応じて補講もあり。毎年4月に曜日と時間を見直します。

お月謝

8,000円〜。レベル、レッスン時間によりお月謝は違います。

入会金/設備費

なし

その他

月2回レッスン制。ワンレッスン制あり(中学生以上で部活などが忙しい方に。ワンレッスンごとレッスン料を頂きます。)

 

教室行事

発表会の他、教室内で「お楽しみ会」「レパートリー発表会」「勉強会」などがあります。ピアノを弾く以外、音楽ゲームをしたり、一緒にお昼ご飯やお菓子を食べたり、プレゼント交換したり、おしゃべりしたり。学校が違っても教室の仲間同士仲良くなるためのイベントで、親交を深めるのが一番の目的です。

PTNAピアノステップ参加

多くのステージ経験を積むことを勧めています。また、私以外の先生に講評やアドバイスをいただくことも役に立つと思います。

発表会

1年から1年半ごとに、教室の発表会を行っています。イズミティ21小ホール、仙台ロイヤルパークホテル、シュトラウスホールなどで開催してきました。毎年全員が参加しています。
日頃の成果をご家族の方やお友達に見ていただき、励ましていただきましょう。
ソロの他に、ご家族やお友達との連弾やアンサンブル、歌など一人一人が主役になれるよう工夫しています。

 

stage2

 

stage

コンクール

それぞれのスタイルに合わせ参加は自由です。強制することはありませんし、普段のレッスンが、まずは基本です。参加の有無でレッスン内容やレッスン料が変わる事はありません。

レッスンの延長線上にある自分の力に合ったコンクールを上手に利用することで、ぐんと力がつき、目標のあるレッスンライフを送ることができるのも事実です。また、年齢に合った課題曲を弾けることが、進度の目安にもなります。

結果や参加の有無にとらわれず、長い目でじっくり力を蓄えましょう。どんな時でも本人が一生懸命やる限り、私も一生懸命サポートします。

金賞、第一位、優秀賞など、様々なコンクールで、教室の大多数の生徒さんが入賞されています。ステージに慣れているせいか、学校の学芸会や合唱祭の伴奏オーディションにも積極的に挑戦しています。

★以下、過去に入賞した主なコンクールです。

PTNAピアノコンペティション 全国大会
日本バッハコンクール 全国大会
ショパンコンクールインアジア アジア大会
日本教育連盟ピアノオーディション 全国大会
グレンツエンピアノコンクール 全国大会
宮城県芸術協会音楽コンクール 本選会
東北青少年音楽コンクール 本選会
ブルグミュラーコンクール 全国大会
バスティンyoutubeオーディション など

 

concours

講師プロフィール

ピアノと子どもと本が大好き。 新しいことを学ぶのが好きです。

略 歴

5歳からピアノを始める。大学(文学部)在学中リサイタルを行う。大学卒業後、放送局勤務。アメリカのジュリアード音楽院(The Juilliard School)、ニューヨーク州立大学(State University of NY)マスタークラスにて、ピアニストVladimir Feltsman に師事、また、音楽理論を学ぶ。北海道音楽院講師、ヤマハ音楽教室講師を経て、仙台に転居後、泉パークタウン桂にて「O’sピアノ教室」(大野ピアノ教室)を主宰。各種コンクールにて、最優秀指導者賞や指導者賞受賞。中学、高校教員免許(英語科)あり。 北海道音楽院演奏会、ギロックコンサート、カリヨンひだまりコンサート、レパートリーコンサート等で演奏。ギロックフェスティバルではピアニスト小原孝さんと共演。

PTNA仙台まほろばステーション代表、PTNAピアノステップアドバイザー、PTNA指導者育成委員、まほろば研究会代表、日本ギロック協会会員、仙台ギロック友の会会員、バスティン研究会会員、レパートリー研究会会員。

家族は、夫と二人の子供。

 

prof